社会保険労務士試験情報局ブログ版

社会保険労務士試験、第一種衛生管理者試験、行政書士試験にすべて一発合格した管理人が、勉強法や日々の実務内容について熱く語るブログ!
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 厚生年金保険法の選択式過去問(平成17年) | main | 労災保険法の選択式過去問(平成18年) >>
労働基準法の選択式過去問(平成18年)
0
    選択式過去問も遂に平成18年問題になりました。
    過去問のアップが終わったら、重要な条文の穴埋め問題を作成し、それを日々アップしていく予定にしてます。

    ちなみに、こちらは、社会保険労務士試験情報局(最近、このサイト名で検索して訪問していただく方が増えており、すごく嬉しいです)の選択式対策室(仮題)のコンテンツの原稿としてアップしていきますね。

    さて、今日の社会保険労務士試験選択式過去問は、労働基準法及び労働安全衛生法です。

    (問題)
    労働基準法及び労働安全衛生法(平成18年)

    次の空欄に入る言葉は?

    1.労働基準法第18条の2においては、「解雇は、( A )場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。」と規定されている。

    2.労働基準法第38条の4の規定によるいわゆる企画業務型裁量労働制を適用するに当たっては、同条第1項に規定する委員会において、同項第4号に定める事項、すなわち、「対象業務に従事する対象労働者の範囲に属する労働者の労働時間の状況に応じた当該労働者の健康及び福祉を確保するための措置を当該決議で定めるところにより使用者が講ずること」等を決議することが求められており、同条第4項において、同条第1項の規定による決議の届出をした使用者は、労働基準法施行規則第24条の2の5の規定により、労働基準法第38条の4第1項第4号に規定する労働者の労働時間の状況並びに当該労働者の健康及び福祉を確保するための措置の実施状況について、同条第1項に規定する決議が行われた日から起算して( B ) 、所轄労働基準監督署長に報告しなければならないこととされている。

    3.労働契約は、期間の定めのないものを除き、一定の事業の完了に必要な期間を定めるもののほかは、3年(一定の労働契約については5年)を超える期間について締結してはならないこととされている。
    そこで、例えば、システムエンジニアの業務に就こうとする者であって、一定の学校において就こうとする業務に関する学科を修めて卒業し、就こうとする業務に一定期間以上従事した経験を有し、かつ、労働契約の期間中に支払われることが確実に見込まれる賃金の額を1年当たりの額に換算した額が( C )ものとの間に締結される労働契約にあっては、5年とすることができる。

    4.労働安全衛生法第3条第1項の規定においては、「事業者は、単にこの法律で定める労働災害の防止のための最低基準を守るだけでなく、快適な職場環境の実現と労働条件の改善を通じて( D )なければならない。」と規定されている。

    5.労働安全衛生法第66条の8の規定に基づき、事業者は、休憩時間を除き1週間当たり40時間を超えて労働させた場合におけるその超えた時間が1か月当たり100時間を超え、かつ、疲労の蓄積が認められる労働者に対し、当該労働者の申出により、医師による面接指導(問診その他の方法により心身の状況を把握し、これに応じて面接により必要な指導を行うことをいう。)を行わなければならない。
    また、労働安全衛生規則第52条の3第4項においては、産業医は、当該労働者に対して、当該申出を行うよう( E )することができる旨規定されている。


    (答え)

    (A)客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない
    (B)6か月以内ごとに1回
    (C)1,075万円を下回らない
    (D)職場における労働者の安全と健康を確保するようにし
    (E)勧奨

    以上

    問題文がすごく長いですね。
    試験監督をしていて思ったんですが、みなさん、すぐに問題を解かずにじっと問題文と格闘していましたね。

    いままでで、一番長い問題文なんではないでしょうか。(昭和の時代の問題文は見たことないですが・・・)


    社会保険労務士試験の講座一覧
    独断と偏見で社会保険労務士試験の通信講座、通学講座をまとめてみました。

    ■社会保険労務士試験に関する情報

    社会保険労務士試験センター
    無断リンク禁止なんで、下記URLをコピーしてアドレスバーに貼付してくださいね。
    http://www.sharosi-siken.or.jp/

    全国社会保険労務士会連合会

    ■相互リンク募集中です。
    いつでも募集中なんで、コメント欄に書いていただければ嬉しいです。

    ※出会い系、アダルト系とか公序良俗に反するサイトについてはゴメンなさい。


    社会保険労務士試験のポータルサイトを目指して日々更新しています。もしよければこちらにもお立ち寄りください。

    傷病手当金に関する基礎知識から請求方法、Q&Aについてまとめたサイトです。傷病手当金のことで疑問がある人はどうぞ

    ■社会保険労務士試験の過去問をお探しなら。
    社会保険労務士試験過去問研究室(労働基準法)
    社会保険労務士試験過去問研究室(労働安全衛生法)
    社会保険労務士試験過去問研究室(労働者災害補償保険法)
    社会保険労務士試験過去問研究室(雇用保険法)
    社会保険労務士試験過去問研究室(労働保険徴収法)
    社会保険労務士試験過去問研究室(健康保険法)
    社会保険労務士試験過去問研究室(国民年金法)
    社会保険労務士試験過去問研究室(厚生年金保険法)
    社会保険労務士試験過去問研究室(一般常識)


    ■人気blogランキングに参戦中です。
    人気blogランキング


    ■にほんブログ村資格ブログにも参戦中です。
    にほんブログ村資格ブログ


    ■WEB RANKINGにも参戦してます。(笑)
    ビジネス・仕事ランキング


    ■コメント、トラックバックはご自由にどうぞ!苦情言ったりしませんのでご遠慮なく・・・
    でも、明らかな宣伝のみコメント、トラックバックは削除しますよ。(笑)

    法令解釈や実務上の問題については、ご質問いただいても回答に責任が持てませんので、ご回答いたしません。
    ご了承くださいね。
    よろしくお願いします。

    ■プライバシーポリシー
    当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。



    | 労働基準法 | 10:07 | comments(0) | trackbacks(1) | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.passing.main.jp/trackback/99712
    トラックバック
    懲戒解雇と不当解雇
    懲戒解雇とは従業員に落ち度があった時に解雇することをいいます。不当解雇とは、就業規則や労働協約などの取り決めを守らないて、使用者の勝手な都合によって行われたことです。
    | 解雇を考える。整理解雇・懲戒解雇・不当解雇など | 2007/03/06 12:18 AM |