社会保険労務士試験情報局ブログ版

社会保険労務士試験、第一種衛生管理者試験、行政書士試験にすべて一発合格した管理人が、勉強法や日々の実務内容について熱く語るブログ!
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
生存権
0
    (問題)
    次の空欄に入る言葉は?

    生存権(憲法第25条)
    すべて国民は、( A )で( B )な( C )を営む権利を有する。
    国は、すべての( D )について、( E )、( F )及び( G )の向上及び増進に努めなければならない。


    (答え)
    (A)健康
    (B)文化的
    (C)最低限度の生活
    (D)生活部面
    (E)社会福祉
    (F)社会保障
    (G)公衆衛生


    以上

    今日はいつもの健康保険法でなく、日本国憲法から作問してみました。
    本当は、昨日が「憲法記念日」だったので、社会保険労務士として重要な「生存権」からの出題を思いついたのですが、昨日は、学生時代の友人に誘われバーベキューに行き、そのまま実家に帰っていましたので、更新ができなかったのです。(笑)
    ゴールデンウィークも後半に入りましたが、メール相談でのお問い合わせも全然ないので、明日は1日お休みし、読書の時間を少し作りたいと思っています。
    ちなみに読もうと思っているのは、若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来です。


    では。


    社会保険労務士試験の講座一覧
    独断と偏見で社会保険労務士試験の通信講座、通学講座をまとめてみました。

    ■社会保険労務士試験に関する情報

    社会保険労務士試験センター
    無断リンク禁止なんで、下記URLをコピーしてアドレスバーに貼付してくださいね。
    http://www.sharosi-siken.or.jp/

    全国社会保険労務士会連合会

    ■相互リンク募集中です。
    いつでも募集中なんで、コメント欄に書いていただければ嬉しいです。

    ※出会い系、アダルト系とか公序良俗に反するサイトについてはゴメンなさい。


    社会保険労務士試験のポータルサイトを目指して日々更新しています。もしよければこちらにもお立ち寄りください。

    傷病手当金に関する基礎知識から請求方法、Q&Aについてまとめたサイトです。傷病手当金のことで疑問がある人はどうぞ

    ■社会保険労務士試験の過去問をお探しなら。
    社会保険労務士試験過去問研究室(労働基準法)
    社会保険労務士試験過去問研究室(労働安全衛生法)
    社会保険労務士試験過去問研究室(労働者災害補償保険法)
    社会保険労務士試験過去問研究室(雇用保険法)
    社会保険労務士試験過去問研究室(労働保険徴収法)
    社会保険労務士試験過去問研究室(健康保険法)
    社会保険労務士試験過去問研究室(国民年金法)
    社会保険労務士試験過去問研究室(厚生年金保険法)
    社会保険労務士試験過去問研究室(一般常識)


    ■人気blogランキングに参戦中です。
    人気blogランキング


    ■にほんブログ村資格ブログにも参戦中です。
    にほんブログ村資格ブログ


    ■WEB RANKINGにも参戦してます。(笑)
    ビジネス・仕事ランキング


    ■コメント、トラックバックはご自由にどうぞ!苦情言ったりしませんのでご遠慮なく・・・
    でも、明らかな宣伝のみコメント、トラックバックは削除しますよ。(笑)

    法令解釈や実務上の問題については、ご質問いただいても回答に責任が持てませんので、ご回答いたしません。
    ご了承くださいね。
    よろしくお願いします。

    ■プライバシーポリシー
    当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。



    | 一般常識 | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
    社会保険一般常識の選択式過去問(平成18年)
    0
      昨日は、平成18年の社会保険労務士試験の労働基準法を解きました。
      1日3問(問題数だと15肢ですね)を目標にがんばっていますが、昨晩は、すごい眠気に襲われ、2問しかできませんでした。

      過去問題を解いていて思うのですが、最近の労働基準法は通達からだけでなく、判例(最高裁判所の判決)からの出題も増えてきましたね。
      しかしながら、その解釈の内容を問うものではなく、単に知っているかを問う問題なので、労働基準法関係で有名な判例には目を通しておきましょう。

      この労働判例集のHPは、有名な判例が項目ごとにまとまっていて、概略も書いてありますので、試験前に通読しておくと良いと思います。

      さて、今日の社会保険労務士試験選択式過去問は、社会保険に関する一般常識です。

      (問題)
      社会保険に関する一般常識(平成18年)

      次の空欄に入る言葉は?

      戦後の混乱は社会保険制度にほとんど壊滅的打撃を与えた。昭和20年には、官業共済組合をふくめて、全国民の約3分の1が( A )に加入していたといわれ、( B )は全国で約1万組合、被保険者約4,100万人に達していたが、昭和22年6月にはわずかに40%ほどの組合が事業を継続しているにすぎない状態であった。
      ( C )もまた財源確保のために( D )の改訂と料率引上げを繰り返さざるをえなかったのである。
      ただし、昭和22年に労働者災害補償保険法と失業保険法が制定されたことは、社会保険の大きな前進であったといえる。これに対応して、( C )の給付から業務上災害がのぞかれ、( E )も事業主責任の分離を行ったのは当然である。
      なお、日雇労働者にも失業保険が適用されたのは昭和24年5月からであった。


      (答え)

      (A)医療保険
      (B)国民健康保険
      (C)健康保険
      (D)標準報酬
      (E)厚生年金保険

      以上

      この問題は、本試験直後から色々言われていましたね。
      私も試験直後に解いて、このブログにアップしたような記憶があります。

      直接見たわけではないんですが、原典は「保険と年金の動向(2005年版)」と「戦後の社会保障本論」という書籍だそうです。


      社会保険労務士試験の講座一覧
      独断と偏見で社会保険労務士試験の通信講座、通学講座をまとめてみました。

      ■社会保険労務士試験に関する情報

      社会保険労務士試験センター
      無断リンク禁止なんで、下記URLをコピーしてアドレスバーに貼付してくださいね。
      http://www.sharosi-siken.or.jp/

      全国社会保険労務士会連合会

      ■相互リンク募集中です。
      いつでも募集中なんで、コメント欄に書いていただければ嬉しいです。

      ※出会い系、アダルト系とか公序良俗に反するサイトについてはゴメンなさい。


      社会保険労務士試験のポータルサイトを目指して日々更新しています。もしよければこちらにもお立ち寄りください。

      傷病手当金に関する基礎知識から請求方法、Q&Aについてまとめたサイトです。傷病手当金のことで疑問がある人はどうぞ

      ■社会保険労務士試験の過去問をお探しなら。
      社会保険労務士試験過去問研究室(労働基準法)
      社会保険労務士試験過去問研究室(労働安全衛生法)
      社会保険労務士試験過去問研究室(労働者災害補償保険法)
      社会保険労務士試験過去問研究室(雇用保険法)
      社会保険労務士試験過去問研究室(労働保険徴収法)
      社会保険労務士試験過去問研究室(健康保険法)
      社会保険労務士試験過去問研究室(国民年金法)
      社会保険労務士試験過去問研究室(厚生年金保険法)
      社会保険労務士試験過去問研究室(一般常識)


      ■人気blogランキングに参戦中です。
      人気blogランキング


      ■にほんブログ村資格ブログにも参戦中です。
      にほんブログ村資格ブログ


      ■WEB RANKINGにも参戦してます。(笑)
      ビジネス・仕事ランキング


      ■コメント、トラックバックはご自由にどうぞ!苦情言ったりしませんのでご遠慮なく・・・
      でも、明らかな宣伝のみコメント、トラックバックは削除しますよ。(笑)

      法令解釈や実務上の問題については、ご質問いただいても回答に責任が持てませんので、ご回答いたしません。
      ご了承くださいね。
      よろしくお願いします。

      ■プライバシーポリシー
      当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。



      | 一般常識 | 10:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
      労働一般常識の選択式過去問(平成18年)
      0
        先日、チェック体制が甘いと書いたばかりなのに、3月2日にアップした雇用保険法の過去問で、解答を書いていませんでした。(笑)

        翌日に気がつき、すぐに解答をかいて更新しました。

        仕事では、いまのところ大きなミスはしていませんが、この注意力だとそのうちにやってしまいそうなので、気をつけるようにします。

        ちなみに、社会保険労務士試験過去問研究室に労働者災害補償保険法の平成18年問題をアップしましたので、また訪問していただければ嬉しく思います。

        なお、労働安全衛生法も原稿は完成し、労働基準法にも着手していますので、そろそろ平成18年問題のアップもすべて完了しそうです。(がんばります)

        さて、今日の社会保険労務士試験選択式過去問は、労務管理その他の労働に関する一般常識です。

        (問題)
        労務管理その他の労働に関する一般常識(平成18年)

        次の空欄に入る言葉は?

        1.労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律によれば、労働者派遣事業には、その事業の派遣労働者が常用労働者だけを対象として行う( A )派遣事業とそれ以外の( B )派遣事業があり、前者を行おうとする者は厚生労働大臣への届出が必要で、後者を行おうとする者は厚生労働大臣から許可を受けることが必要である。

        2.労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分を明らかにすることを目的として、労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準が定められている。
        また、職業安定法第45条において( C )等が、厚生労働大臣の許可を受けた場合は、無料で労働者供給事業を行うことができる、とされて
        いる。

        3.次の図は労働者派遣の概念を表わそうとしているものであるが、(   )の中を埋めて図を完成させなさい。

               (派遣労働者)    
               / \
            ( D )     (指揮命令関係)
            /        \
        (派遣元事業主)―( E )―(派遣先事業主)


        (答え)

        (A)特定労働者
        (B)一般労働者
        (C)労働組合
        (D)雇用関係
        (E)労働者派遣契約

        以上

        労働者派遣法からの基礎的な問題なので、解答はしやすかったと思います。
        なお、社会保険労務士業務としては、労働者派遣の許可申請代行の依頼をいただくことが結構あります(相談だけで終わることも多いですが・・・)ので、受験生のうちにアウトラインをしっかり掴んでおきましょう。


        社会保険労務士試験の講座一覧
        独断と偏見で社会保険労務士試験の通信講座、通学講座をまとめてみました。

        ■社会保険労務士試験に関する情報

        社会保険労務士試験センター
        無断リンク禁止なんで、下記URLをコピーしてアドレスバーに貼付してくださいね。
        http://www.sharosi-siken.or.jp/

        全国社会保険労務士会連合会

        ■相互リンク募集中です。
        いつでも募集中なんで、コメント欄に書いていただければ嬉しいです。

        ※出会い系、アダルト系とか公序良俗に反するサイトについてはゴメンなさい。


        社会保険労務士試験のポータルサイトを目指して日々更新しています。もしよければこちらにもお立ち寄りください。

        傷病手当金に関する基礎知識から請求方法、Q&Aについてまとめたサイトです。傷病手当金のことで疑問がある人はどうぞ

        ■社会保険労務士試験の過去問をお探しなら。
        社会保険労務士試験過去問研究室(労働基準法)
        社会保険労務士試験過去問研究室(労働安全衛生法)
        社会保険労務士試験過去問研究室(労働者災害補償保険法)
        社会保険労務士試験過去問研究室(雇用保険法)
        社会保険労務士試験過去問研究室(労働保険徴収法)
        社会保険労務士試験過去問研究室(健康保険法)
        社会保険労務士試験過去問研究室(国民年金法)
        社会保険労務士試験過去問研究室(厚生年金保険法)
        社会保険労務士試験過去問研究室(一般常識)


        ■人気blogランキングに参戦中です。
        人気blogランキング


        ■にほんブログ村資格ブログにも参戦中です。
        にほんブログ村資格ブログ


        ■WEB RANKINGにも参戦してます。(笑)
        ビジネス・仕事ランキング


        ■コメント、トラックバックはご自由にどうぞ!苦情言ったりしませんのでご遠慮なく・・・
        でも、明らかな宣伝のみコメント、トラックバックは削除しますよ。(笑)

        法令解釈や実務上の問題については、ご質問いただいても回答に責任が持てませんので、ご回答いたしません。
        ご了承くださいね。
        よろしくお願いします。

        ■プライバシーポリシー
        当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。



        | 一般常識 | 10:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP